とは言っても、自転車のはなし。
久しぶりに近所まで自転車に乗ろうとしたら、パンクしてやがる。しかも前。
バラしてみると、原因はリムバンドが・・・いや、たぶんチューブのしわ!(写真わすれた)

26×1.5のタイヤに26×2.15のチューブが入っていたため、タイヤが細くチューブが太いので所々小さなしわになっていた。
誰や!・・・・・・僕や。たぶん細いチューブがなかったんで・・・・・。
おまけにリムバンドも切れている。(写真わすれた)

20151031_101630
20151031_102230
このスポークを留めているニップルの上にリムバンドを着けてチューブを保護する。
実はこのホイール、じじぃの「手組み」なんよ。
アラヤの安いアルミリムにシマノ「ディオーレ」のハブ(なぜかディスク用ハブ)。

小さい頃、自転車がパンクした時など近くの自転車屋さんに持って行って直してもらった。その時じ~っと自転車屋のおっさんの作業を見ていた鮮明な記憶がある。
手際よくパンクを修理するおっさんに憧れていたんだと思う。
おっさんが「ホイール組みができたら一人前や」と言った言葉が残った。

バイクからちょっと離れ「スクーター生活」をしていた頃、自転車にはまり、オークションでアルミフレームやパーツを買って、自分で組んでいく。楽しい~~。
そして何度かトライを繰り返し、ホイール組みも出来るようになった。(一人前とは思ってないが)

組み立てるのが楽しくて楽しくて、気がつけばMTBばかりFサス付3台、リジッド1台と増えてしまった。
自転車の面白いところは、変速機やクランク、ホイールなど、ほとんどの部品が共通サイズ。選択肢も広く安いものから高級なものまで、オリジナルの組み合わせが出来る。しかも車やバイクの部品に比べるとだいぶ安い。(そりゃ上をみたらキリないけど)

もうひとつ、屋内で整備ができる。自営の頃、事務所内でしょっちゅう弄っていた。

20151031_170219
で、チューブ交換終了!

今も3台あるが、こいつが一番のりやすい。
フレームはタンゲのクロモリ。アルミフレームは軽いけど硬くて跳ねる。

20151031_170346
このフレームはダイヤモンドバックというメーカーのもので、オークションでゲット。
色がいまいちだったので自分で塗った。と言うか、描いた?

あとの2台は普段乗らないので、倉庫に保管。
作るのは面白いし、楽しいけどあまり乗らない。

なんで?・・・・・・・しんどいもん。

今日も最後まで見て
いただき、感謝します。
で、ついでに
↓↓押しておくれ。
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村