昨日21日は朝7:30頃から走った。


map

何処へ行こうか迷った。琵琶湖は今年5~6周しているので、さすがに飽きてきた。
でも走りやすいので、まずは琵琶湖の東岸を半周。

この連休の中で21日が一番天気が良いとの事で、楽しみにしていたが、曇ってるやん!
おまけに風も結構あるし。

何を着て行こうか迷った結果、上はMA-1、下は革パン、春・秋物の革グローブに革ブーツ。
手も冷えたらと思って、冬物グローブも持ってきたが、バイクにナックルガードをつけたお蔭で大丈夫。


20151121_091224

この写真は、琵琶湖東岸、琵琶湖大橋の南側「木の浜」あたり。
よく見ると、バスボートが数艇。
この時期の釣りは、難しい。
数万円払ってレンタルボート乗っても、ボーズも十分ありえる。

バス釣りは、特にボート釣りは毎週行ってないと、魚の動きがつかめない。
アルミボートを持っていた頃(だいぶ前の話)は、毎週追いかけていた。
特に南湖(なんこ)(琵琶湖大橋より南の事)は年々パターンが変化する難しいところ。

そんな事を思いながら、湖岸道路を北上。

近江八幡・・・彦根・・・長浜・・・・とのんびり走り、次に停まったのは尾上漁港の手前「道の駅 湖北水鳥ステーション」。
ここでスポーツスター1200Vの若者?と出会った。
どこでもスポ乗りには、なぜか声が掛けやすい。

たぶんある程度価値観が近いだろうという安心感かも。
まだあんまり触ってないとの事だが、スクリーミングイーグルは、なかなかいい音していた。

次に奥琵琶湖をまわって

BlogPaint


海津。
ここの前の3~4メートルでこの秋、良く釣れた。
この日もボートが1艇いたが、たぶんもう魚はいない。
ここは風が出た時に、逃げ込んでしかもそこそこ釣れる、シークレットポイント。

20151121_114859

水鳥の子供たち。
風にあおられながらも、一生懸命泳いでいる姿が、なんとも微笑ましい。

海津から、湖岸の旧道を今津まで南下。
この旧道、走った事のある人は記憶にあるかも知れないが、道路の中央あたりに継ぎ目と言うか縁石の高さのないような物がうねうねと走っている。
これは積雪の時期になると、ノズルから水を散水して凍結を防止するもの。

他にも303号線の峠やトンネルの出入り口は、まるで洗車機のように真横から水が出てるところも。
あれ、バイクは無理やね。
冬の夜、釣りで漁港めぐりした時に知った。

今津からは、303号線、27号線で小浜へ。
この道、「つりえさ」とか「活きアジあります」とか、多いんやねぇ。

2台前に走っているプリ◎スが、遅い!この車種に乗ってる人は多いタイプ。
僕はこんな郊外の国道だからって80キロ以上でぶっ飛んで行くタイプではないが、それでも・・・・しんきくさい!

メットの中でこんな事を思った。
そんなに燃費が気になるなら、ドライブなんかするな!

ま、快適な速度というのは人それぞれ違うけど。

小浜で牛丼食べて、162号線で帰路に。
いくつか峠があった。
飛ばしてはいないが、楽しめた。

ひとつの峠で、前の軽自動車が遅い!
上りの比較的大きなコーナーで時速20キロ!
当然追い越し禁止区域なんで、追い越せない。
20キロでコーナー曲がるのは逆に難しい。ノッキングしそう。

本日の走行280キロ、燃費28km/l 。
ひたすら走ってばかりで、写真があまり撮れなかったが楽しかった。

色々な走り方あるけど、まわりに迷惑かけたらあかんなぁと思った一日でした。

わぁ!なんやこれ!
↓↓ちょっと押してみよか?          コメントもどーぞ、ご遠慮なく。
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村