スポスタじじぃのブログ

趣味のバイク(スポーツスター)とバス釣りや日々の事など・・・・

2015年11月

見た

友達から「世界最速のインディアン」DVDをもらった。

インディアン-1

このブログを見てくれている、多くの人は見ているかも知れないが、
実は僕、光テレビでやっていたのを見つけ、あわててチャンネルを合わすも・・・・最後の5分間くらいだった。

いやぁ~この映画はみたかったなぁ~と思ってたところ、先日ツーリング行こうって言ってた親友がくれた。
といってもコ◎ーしたDVDやけど。

まだ見ていない人のために、詳細は言わんけど・・・・・・良かったでぇ~!
メカの話は、ほとんどないけどね。
ヒューマンドラマという感じか。

ニュージーランドに住む63歳のバート・マンローの夢は自分でチューニングしたインディアン・スカウトでアメリカ・ユタ州ボンネビル(よく解説にはボンヌビルと書いている)で速度世界記録に挑戦する事だった。

インディアン-2

最初のうちは、なんとだらしない、ええかげんなじじぃや!と思った。
しかし、やりおるねん!がんばりよるねん!もう最後の方は、うるうるきそうやった。
インディアン-3


これは実話にもとづき、脚色されたものらしいが、映画のストーリーの後にも950ccにボアアップした空冷V型2気筒で295km/h。
この1000cc以下の記録は、いまだに破られていないそうな。
非公式では、330km/h も出していたらしい。

映画では、様々な人の協力を得て本当は不可能だったボンネビルの大会に出場出来るようになり、結果・・・。

様々な人が協力してくれるのは、この人の執念と、なによりバート・マンローの人柄なんだろうなぁと思った。

ただ映画としては、ちょっと話のテンポが早いような気がした。




インディアン-5

これがバート・マンロー本人。
いやぁ~好きそうな顔してはるわ。 わかる、わかる。

この映画でのバート・マンローは63歳、僕より一つ上。

なかなか魅力的な映画やった。
こんな、じじぃになりたい。


いつも見ていただいて、ありがとう!
はじめての人!また見てちょうだい!
↓ポチしてもらえたら、テンション↑↑です!


にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

いままでのバイク 完結編

マジェスティに乗って10年も経ってしまった。
自分の中でバイク熱は、もうすでに「ろうそくの灯」くらいになっていた。


それが、なんで?どうした?


結局は露骨な話、お金の問題。
自営して10年経った時、得意先の社長が「うちに来いひんか?」と。


詳しい話はまたの機会に。
色々と考えたが、58歳の新入社員となった。


収入も安定し、土日はちゃんと休みだし、そうなると今まで抑えてきたものが目を覚ましてきた。


今乗らんと、もう乗れへん。
で以前から気になっていた
76103610227
Buell の事を調べた。なぜこれかと言うと、
このハーレーのエンジンはXS650を手放してから、ずっと気になるエンジンだった。
空冷1200ccOHV Vツイン、トルクフルな頼もしいエンジンやろなぁ、いつかは乗ってやろうと思っていた。
そしてこのBuell の設計思想。走るために必要な事は妥協しない作り方。
現在の国産ネイキッドの原型だと思っている。


しかし、ヤフオクなどにはそこそこあるが、中古車屋には無い。
かなり探したが、たまにあっても程度の割りに高い。


Buell に5年くらい乗ってから、次にスポーツスターでのんびりと、というのが自分なりの予定だった。
バイク屋の店長にそんな話をしていたら、「Buell は確かに良いバイクですけど、時間が経つと買取価格が厳しくなる車種ですよ」との事。
なるほど、そうかも知れん。

で、1台とびで(はやっ)
20141108_152644

になった。
このエンジンに乗ってみたかったんで、まええか。

20141108_152631


しかもこのスポーツスターは、1200S。
スポーツスターのバリエーションすら知らんかった。
スポーツスターの中でも、速く走るために作られた車種・・・らしい。
Buell が欲しかった僕にはぴったりやん!


気に入った!
奥方の許可も頂いて、めでたく  お買い上げぇ~となりました。


その時、このバイクがどんなものか、じじぃは知る由もなかった・・・・・。



いつもありがとう!
↓↓押していただくと、うれしいです!



にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

車で走った

昨日は11月22日で「いい夫婦の日」だったそうな。
いつから?勝手に・・・・。

まぁそんな事もあり、たまには奥方をドライブにでも・・・・・。



大事なんやで、こうゆうのが。
休みのたびに、自分だけバイクで走り回ってたらあかんのやで。
そんな事繰り返して、ある日帰ったら・・・・・誰もいない!になるで。



で、滋賀県マキノの「メタセコイア並木」へGO!
20151123_121820
予想に反して、まだ青いやんか。緑か。 今年は、結構暖かい日があったからか?

ちなみに、向かい合ってる二人は、僕じゃありません。知らん人。
右端の孫連れてるのも、違います。よその人。

人も多かった。



本当は
メタセコイア並木
こんな予定やったのにね。
ちょっと早かった。


その後、先日のように、今津から303号線で「さば街道」に向い、
せっかくなので、さば寿司を買って
さば街道・・・大原・・・宝ヶ池・・・で帰宅。
走行は、190キロ。


さば寿司、今晩食べよ。

なんだぁこれ!
↓ぽちっ!と。
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

走った


昨日21日は朝7:30頃から走った。


map

何処へ行こうか迷った。琵琶湖は今年5~6周しているので、さすがに飽きてきた。
でも走りやすいので、まずは琵琶湖の東岸を半周。

この連休の中で21日が一番天気が良いとの事で、楽しみにしていたが、曇ってるやん!
おまけに風も結構あるし。

何を着て行こうか迷った結果、上はMA-1、下は革パン、春・秋物の革グローブに革ブーツ。
手も冷えたらと思って、冬物グローブも持ってきたが、バイクにナックルガードをつけたお蔭で大丈夫。


20151121_091224

この写真は、琵琶湖東岸、琵琶湖大橋の南側「木の浜」あたり。
よく見ると、バスボートが数艇。
この時期の釣りは、難しい。
数万円払ってレンタルボート乗っても、ボーズも十分ありえる。

バス釣りは、特にボート釣りは毎週行ってないと、魚の動きがつかめない。
アルミボートを持っていた頃(だいぶ前の話)は、毎週追いかけていた。
特に南湖(なんこ)(琵琶湖大橋より南の事)は年々パターンが変化する難しいところ。

そんな事を思いながら、湖岸道路を北上。

近江八幡・・・彦根・・・長浜・・・・とのんびり走り、次に停まったのは尾上漁港の手前「道の駅 湖北水鳥ステーション」。
ここでスポーツスター1200Vの若者?と出会った。
どこでもスポ乗りには、なぜか声が掛けやすい。

たぶんある程度価値観が近いだろうという安心感かも。
まだあんまり触ってないとの事だが、スクリーミングイーグルは、なかなかいい音していた。

次に奥琵琶湖をまわって

BlogPaint


海津。
ここの前の3~4メートルでこの秋、良く釣れた。
この日もボートが1艇いたが、たぶんもう魚はいない。
ここは風が出た時に、逃げ込んでしかもそこそこ釣れる、シークレットポイント。

20151121_114859

水鳥の子供たち。
風にあおられながらも、一生懸命泳いでいる姿が、なんとも微笑ましい。

海津から、湖岸の旧道を今津まで南下。
この旧道、走った事のある人は記憶にあるかも知れないが、道路の中央あたりに継ぎ目と言うか縁石の高さのないような物がうねうねと走っている。
これは積雪の時期になると、ノズルから水を散水して凍結を防止するもの。

他にも303号線の峠やトンネルの出入り口は、まるで洗車機のように真横から水が出てるところも。
あれ、バイクは無理やね。
冬の夜、釣りで漁港めぐりした時に知った。

今津からは、303号線、27号線で小浜へ。
この道、「つりえさ」とか「活きアジあります」とか、多いんやねぇ。

2台前に走っているプリ◎スが、遅い!この車種に乗ってる人は多いタイプ。
僕はこんな郊外の国道だからって80キロ以上でぶっ飛んで行くタイプではないが、それでも・・・・しんきくさい!

メットの中でこんな事を思った。
そんなに燃費が気になるなら、ドライブなんかするな!

ま、快適な速度というのは人それぞれ違うけど。

小浜で牛丼食べて、162号線で帰路に。
いくつか峠があった。
飛ばしてはいないが、楽しめた。

ひとつの峠で、前の軽自動車が遅い!
上りの比較的大きなコーナーで時速20キロ!
当然追い越し禁止区域なんで、追い越せない。
20キロでコーナー曲がるのは逆に難しい。ノッキングしそう。

本日の走行280キロ、燃費28km/l 。
ひたすら走ってばかりで、写真があまり撮れなかったが楽しかった。

色々な走り方あるけど、まわりに迷惑かけたらあかんなぁと思った一日でした。

わぁ!なんやこれ!
↓↓ちょっと押してみよか?          コメントもどーぞ、ご遠慮なく。
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

ツーリング

先日の奈良スポーツスターオンリーミーティングで出合った連中と話してから、無性に泊まりのツーリングに行きたくなった。

今月、3連休あるやん!
どっか行こ!

早速、高校時代からの親友(SS50譲ってもらった、XS650仲間)にメール。
「ええよ、久しぶりに行こか」

秋の飛騨高山がいいなと思い、宿を探したが、なかなか空いていない。
やっと素泊まりの宿をみつけて、予約!




TDR125

その親友、今は125に乗っている。YAMAHAの水冷2ストオフロード(モタード)の逆車。125とはいえ、良く走る。スポと何回か走ったが、峠なんか着いて行くのがままならない。(じじぃが、へたなだけやけど)
恐怖の暗峠(308号線)に連れて行かれた時には、軽く軽快な125を・・・・恨んだ。

今回のコースは当然下道オンリーなので、せせらぎ街道を予定していた。
宿を予約して数日、ふと気になり、
「せせらぎ街道 標高」と調べたら、なんと西ウレ峠1,113m!!!!

これ「比良山脈」縦走やん!しかも11月中には初雪の文字! 無理無理無理!
若い(ばかい?)頃なら、それも冒険や!と行ったかも知れないが、もうそんな歳でもない。

あのくそ重たいスポで雪なんて・・・・・。

しかたなく宿をキャンセル。

南に行こ!あったかいとこ。南紀にしよ!となった。

で、南紀串本の宿を探すも連休なんで、なかなか無い。
やっと1軒見つけた民宿を予約。

なかなか良さそうな民宿。ご飯が楽しみ!
親友は、コースの主要通過地点とその間隔距離などの表を作ってくれた。

ここで数年前に売り切れやった饅頭食べたいねん。とか、ここで写真撮ろうかとか、俺はつり橋渡らんで!高所恐怖症やしなど、
すでに頭の中では、走っている。




ここまで読んで、うすうす感じている人も・・・・・





が!

次の日、親友からメール、「あかん、体調が悪い」と。
日はまだあるが、ただの風邪じゃないようで、迷惑かけたらいかんので今回は残念やけど、見送ると。

え!そうなん!突然やなぁ。

でも走りたいし・・・・・。

しばらく考えた。

最初から一人旅のつもりなら全く躊躇しないが、今回は数十年ぶりに二人で行ってこその旅。




またしても、宿・・・・・・・・キャンセル・・・・・・・・した。

今回は、行かない方が良いって事かもしれない。

そのかわり、21日は一人でどっか走りに行く。


にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 秋晴れの中
  • 秋晴れの中
  • 秋晴れの中
  • 秋晴れの中
  • 秋晴れの下 じぃみぃ~に
  • 秋晴れの下 じぃみぃ~に
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ