スポスタじじぃのブログ

趣味のバイク(スポーツスター)とバス釣りや日々の事など・・・・

2016年11月

クラッチ交換 補足

今回の作業を通しての補足分と注意点をまとめました。

まずは、ダイヤフラムスプリングを圧縮してプレッシャープレートを外す部分。

HD99XLH017

この図で言うと、(24)から前方、(4)までが一体になって取れる。((7)~(10)は既に外しているはず)

現物は、こうなっている。

クラッチ-1

周りの黒っぽい板が、ダイヤフラムスプリング。 883と1200、また年式によって堅さに違いがある。

因みに、1200は2006年式から少し柔らかくなっていて、それは1999年式のこれにも使えるそうな。

今回は冒険しなかったけど、いつかは交換してみたい。 クラッチ操作が軽くなるし。


余談ですが、元々は1200と883のダイヤフラムは共通やったらしい!

「ハーレーはトルクがあるし、これくらい堅い方がええやろ」 と設計者が言ったかは知りませんが。

ところが、本国ではそれでも良かったが 「良く売れてる日本のユーザーがクラッチ重い言うてるで」 って

事で 「必要最小限の堅さに見直そかぁ」 となり2006年から1200も柔らかくなったらしい。  知らんけど。


で、これをどうやって外すか

20161117_082704

今回使ったのはこれ。 塩ビは問題なかったけど、アングルが他の人はL型を使っていて強度不足との事で

この「コの字」を使った。 ただこれの弱点はスパナでナットを回せへん!

クラッチ-3

写真がないので、へたな絵を描いてみました。

塩ビパイプ(高さは30ミリくらいにカット)をダイヤフラムに当て、アングルの穴(8ミリくらい)にシャフトを通し

ナットで締める。 この時のナットは図の(5)でも良いのですが、外側の六角が大きく、今回のコの字の

アングルにソケットもスパナも入らへんやんけ!  念の為、コージ☆さんが教えてくれた5/16UNFのナットを

モノタロウで買っていたのでそれを使用。 外側六角は1/2でした。 助かった!

5/16UNF(ユニファイ細目)は、ねじ山ピッチが狭い。 5/16UNC(ユニファイ並目)とは違うので注意。


で、このシャフトはベアリングの裏に引っ掛けているので、ナットを締めてもシャフトも回る。

それはクラッチ調整と同じで、ナットを固定してシャフトの先端をマイナスドライバーで回すか、その逆になる。

この締め込みは、じじぃの1200Sの場合かなり堅くなるまで締めこまなければならない。

これはダイヤフラムの堅さによると思う。 最後の方では、ドライバーでは力がはいりにくく、マイナスのビットを

ラチェットレンチにつけて回した。

「もう外れるよ」 と判るのは、締めこんでいくと、プレッシャープレート部分がカタカタと動くようになるのが合図。

クラッチ-2


締めこんで、何処を外すか?  

Aかと思うやろ? ちゃうねん、これは中のベアリング部分を留めているリングなんです。

ちょっと見にくいけど、実はBなんです。 爪の溝に掛かっているBを外す為にはCのスプリングインナーシートと

言う奴が関係している。



赤いのが、Bのリテーニングリング これを外せば前面のプレッシャープレートが外れる。

CのスプリングインナーシートがBの外れるのを阻止している。 外れる事はないと思うけど。

そこで、塩ビパイプとアングルをナットで締めこんでいくと

クラッチ-4


たぶんこういう事やったと思います。

この理屈がわかるまで、どこまで締め込んだら良いのかわからず、不安やった。

ベアリングもガタきてるし、もしベアリングがバラけたら分解でけへんのちゃうか?と。


Bのリテーニングリングの取り外しは、マイナスドライバーで出来ます。

C型のリングなので、どちらか片方の先端を上に持ち上げて外していきます。

逆にはめる時も、どちらか片方の先端をクラッチハブの溝に入れてから、順にもう片方まで入れます。


蓋が開いたら、クラッチ板が見えます。 これは横から見た図。 (実際は横からは見えません。)

クラッチ-5

上の図が、ノーマルで真ん中にスプリングプレートが入っている。

下の図が、今回やった内容。 

スプリングプレートをなくして、フリクション1枚とスチール2枚を追加している。

全ての厚みはノーマルとほとんど変わらなかったと思う。 もし入らんかったらどうしよう?と思ってたけど

普通に入ったので、あまり気にしてなかった。

この方法が正解だったかどうかは、今後わかると思います。

スプリングプレートのクッションが無い分、多少フリクションプレートの減りが早くなるのかもしれない。

もしこのブログを見て、自分もやってみようと思う方は、全て自己責任で。

これは僕の好みでした事ですので、お進めしているのではありません。


クラッチ板の取り外しは、

20161119_174655

このようにクリップの先端を2ミリほどL型にしたもの2本で引っ張り出す。

クラッチ板を入れる時は、押し込むだけなので簡単。 ただ枚数が多いので順番を確認しながらやらないと

あかんですよ。 フリクションとスチールを交互に入れる。


もし、(2)のベアリングだけ交換するには、プライマリーカバーを開けなくてもダービーカバーを開けるだけで

出来ると思います。(たぶん)

ただし、Aのリングを外さなければならないので、スナップリングプライヤーが必要です。

Aのリングはスナップリングプライヤー(穴用)、

シャフトとベアリングを留めているのが先端1㎜のスナップリングプライヤー(軸用)できれば先の曲がったの。

先の真っ直ぐな奴で30分ほど格闘したけど、うまくできないので先の曲がったスナップリングプライヤーを買いに

ホームセンターに走りました。 そしたら一発! ズボラしたらあかんわ。

でも、どんどん工具が増殖しよる。 わかってはいる事やけど、適材適所の工具があるとないとでは、

時間も疲労度も雲泥の差になる事もある。  今回そやった。


<液体ガスケット>
今回使った、液体ガスケット。 と言っても紙ガスケットとの併用です。

パーマシールド

デイトナでは「パーマシールド」と言う品名になり、耐ガソリンガスケットと表記してあるから、しかも似たような

パッケージが数種類あるので、非常にわかりにくかった。  気が利かんわぁ。

中身は、これ 「ハイロマー」 Hylomar ユニバーサルブルー。
Hylomar

これは、ガスケットと言うより、耐熱耐ガソリンで非硬化。 これをボルト穴付近に伸ばして塗ってから

ガスケットを付けると、粘度がありガスケットが じっとしててくれる。 しかも次回バラした時に

ガスケットが固着しない。 時間が経ってもゴム状で、容易に剥がせるらしい。


スポでの使い方で便利なのが、ダービーカバー(クラッチ・インスペクションカバー)の中にある

クワットリング(Oリング)。 あれ付けてもすぐ落ちるやろ?  一応数箇所 留めがついてはいるけど

「何を考えて設計してんねん! お前、自分で試してみたんか!」 と言いたくなるような粗末なもの。

そこでこのハイロマーをちょっと塗ってやると、 なんと言う事でしょう! ひっついてます!

と、あると便利な物ですよ。



以上、補足分をまとめました。



バイクいじりは、楽しい!
僕の場合、修理がメイン
ドレスアップやカスタムには
程遠い。
とりあえず普通に乗れる
事を目指して。
見たでよ のぽちっ
お願いします        
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

無事終了!

20161120_080647
20161120_080704
20161120_080732

綺麗やろ?  これ団地の中やで。

へたな所へ行くより、きれいかも知れん。

今年は特に綺麗。

20161120_080803

自転車置き場特設ピットも、こんな事に。




で、日曜日は続きを。  まだ蚊がいるねん!

20161120_100038

土曜日プライマリーカバーがハマリにくかった原因は、 

プライマリーチェーンが、カバー側に付いているチェーンテンショナーに当たっていた。 

考えれば当たり前の事やけどね。

今回マニュアルを手元に置かないで作業した。 油で汚れるしね。 熟読したはずやった。

マニュアルにはちゃんと書いてあったけど・・・。



プライマリーカバーを付けてペダル類を装着、クラッチ調整、チェーンテンショナー調整。

で、オイルを入れる。

20161120_103147

バッテリーの端子! この狭いところで  金色のスペーサーとアース、ナビ、ETCの端子を付け 締める。

こんな作業に30分は、ありえへん! 自分でもたいがい器用な方やと思ってるけど 両端子やって30分!

もっとこう  簡単な方法はないんかね!   今後対策を考えんとあかんなぁ。


20161120_110208

完成!  ウインターバージョンのウインドスクリーンも。






20161120_113829

走ってみた。 クラッチの繋がり・・・・普通。   滑りもない模様。

ギアの入り・・・・普通。  気持ち 入り易くなったかなぁ。

結局あのスプリングプレートは  必要ないんちゃうの?  少なくとも、今のところはそう思う。

特にクラッチ操作が重くなる事も、軽くなる事も 今回なかった。 もちろんジャダーも出ない。


このブログを見て、良ければ道具を使ってねとか、必要なナットが手元にあるので良ければどうぞとか、

また、手伝いに行こうかなどコメントを下さった方々、

6200番のベアリングをくれた○○君  など皆さんの応援のおかげで

今回の 「スプリングプレート撤去作戦」 無事終了~!  そして成功いたしました!(今のところ)

ありがとうございました。 


あ~しんどかった。



紅葉が綺麗やね
でもバイクで走る時
落ち葉は気を付けんとあかんで
めちゃ滑るで!
過去に怖い思いした一人。
見たよのぽちっよろしゅうに
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

ぼちぼちやろかぁ~

今日(土曜日)は、あいにくの天気です。

先日からぐずぐず言ってる、かまってちゃんのクラッチ修理です。

ただ、13:00~15:00まで用事があるので、どうしょうかなぁ  朝一からやってみよかなぁ

で、結局 15:30頃から決行!

20161119_154133

いつもの 自転車置き場特設ピット。 ジャッキは重いので、今回はFホイールクランプで 「気をつけ」してる!

・シートを外す。  バッテリー配線を取る。 くるりんさんも書いてたけど これかなり邪魔くさい作業なんや。

特に今回買った WESTCO(西 ㈱ か?)のは端子部分にスペーサーを追加する必要があって、最悪ですわ。

・ダービーカバーを外す。  ・プライマリーオイルを抜く。   ・ステップを外す。

20161119_162545

・シフトペダルを外すんやけど、取り付けの時角度が変わらないようにマークを付ける。(前に誰かが付けた後が

ある)   ・プライマリーカバー周辺のボルトを対角線の順で緩める。



20161119_163322

・プライマリーカバーを外す。   じゃじゃ~ん!  中は綺麗なもんやねぇ。


20161119_163850

 クラッチ部分の真ん中に突き出ているのが、アジャストメント・スクリューでその根元にあるのがベアリング。

やっぱり ぐらぐら がたがた 。    この時点では、中にあるスプリングプレートのリベットの破片などは

見えない。   今回の不具合は、このベアリングだけかもわからんなぁ。 でも全部バラすよ。


20161117_082704

クラッチ部分を分解するには、専用工具が必要だが多くのブログやYoutubeを参考に、75mmの塩ビパイプと

アングルで代用する。

 『業務連絡』コージ☆さん、5/16UNFはモノタロウで買いました。 ありがとうね!


20161119_173012

へへ! その代用工具の使用状況の写真は あらへん!  

ダイヤフラムスプリングを代用工具で締めこんで外すんやけど、 これ 予想以上に締めこまなあかん。

締めこんでCリングを外すと、プレッシャープレートごとごっそり外れる。


20161119_173523

問題のスプリングプレート。   リベット健在! 良かったぁ。 でも今回撤去する。

フリクションプレートのライニングもほとんど減りがない。  3万キロやとこんなもんかなぁ。 

それとも交換済みかなぁ。

クラッチ板を取り出すのが、結構手こずった。 

20161119_174655

特に奥の方になると・・・・。 そこでクリップを写真のように加工して引っ掛けて取り出す。 僕 冴えてる!


20161119_201428

先ほどのベアリングは、取り外してから バラバラに!  良かった! 取り外す前になってたら

アジャストメントスクリューも取れてしまうので、プレッシャープレートを外す事ができない。

ベアリングは6200Zに交換。

やっぱりここは、7200番が正解かも知れんなぁ。  ジャイアンさんもそう言ってた。  


今回の実験は、リベットが外れるトラブルを招くスプリングプレート(SP)を撤去して

その厚みをカバーする為、フリクションプレート(FP)1枚とスチールプレート(鉄P)2枚を入れる。

つまり、  FP×8枚 鉄P×6枚 SP×1  
              ↓
       FP×9枚 鉄P×8枚  にする。  FP1枚と 鉄P6枚は、入ってたものを再利用。

これは社外品でも存在するパターンである。 ただ社外品ではEXクラッチ、つまり強化クラッチとして

販売されている。 15%強化されたダイヤフラムスプリングとケプラーのFPが9枚、鉄Pが8枚。

これにしようかとも思ったが、強化する必要ないし、 今以上にクラッチ重くなるのいややし。

強化クラッチ入れて、ライトクラッチ入れるのも  なんだかなぁ~ やろ?

なので、今回ノーマルクラッチでSPなしを検証してみようと  思ってます。


ところで作業は

20161119_210001

ダイヤフラムスプリングも装着、次にプライマリーカバーを付けるんやけどね

シフトのシャフトをカバーに通すのが抵抗が大きい! 叩くと結構な音がするので

近所迷惑になるので 今日はこのくらいにしといたろかぁ。   

車体カバーくらいは掛けますよ(くるりんも言ってたなぁ)



今日は疲れたわ
見たよのぽちっしてね
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

おっ買いもの♪

秋も深まり、先週は滋賀県の比良山に初冠雪があったそうな。

ここ2・3日は暖かいけど。



バイクは、無事に車検が終わり、引取りに行った。

乗って帰る時には、クラッチを握ると   くぅ~くぅ~と、かなり音が大きくなっていた。

HD99XLH017

これが1999年XL1200Sのクラッチの構造。  他の年式もほぼ同じ。

くぅ~くぅ~ の原因として考えられるのは (かってに想像してるんやけどね)

(2)のレリーズ・ベアリング。 良くガタがくる所だそうな。

純正はドイツ製とかで、結構なお値段らしい。

調べたら、6200番のベアリング。  ただこの部分は回転と、横方向にも負荷がかかるので

7200番のアンギュラタイプ(横方向の負荷も可)を使う方が、良いとする人もいる。

早速、機械設計をしているバイク友達に聞きに行った。

「純正は何が入ってんの?」 「6200番」 「ほなそれでええんちゃうか」 あっさりしたもんや。

日本人の設計姿勢と、あちらの方はちょっと違うように思うんやけどなぁ。

ハーレーと言うブランドを身近にすると、良くわかる。

「ほんで、いくついるの?」 「はぁ?持ってんの?」  「ちょっと待ってや」

20161113_232133

あった。  しかも5~6個あった。 安い物やけど、助かる!

実は、これは「6200Z」でシールドベアリング。 純正はオープンベアリング。

なんであそこにオープンを使っているのかが、わからん。 あってはならない事やけど、鉄粉などが進入

する可能性があるのに。  メンテしなさいって事か?


くぅ~くぅ~のもうひとつ考えられる原因が

フリクションプレートの間に、こっそり隠れていやがる、(27)のスプリングプレート。

こいつが、なかなかのくせ者。

2枚のスチール製プレートの間に板バネをリベットで留めてある。

これはクラッチ操作時の握り代を伸ばす為と、半クラッチ時のジャダーを軽減する目的で

ついている らしい。   ところが、そのリベットが磨耗で取れて板バネも外れ、最悪クラッチシェルに深く

彫刻をしてくれるらしい。

SPプレート

これは、そのリベットと板バネが外れた状態。(某ショップの修理時の写真を拝借しました)

こんなん、見たくない!


いずれにしても、今回はそうなる前に対策したいと思っている。

20161113_194444

で、部品達が届きましたぁ。



20161113_194904

スチールプレートが2枚しか無いのは、なぜでしょうね? ちょっと考えがあるねん。

あれ?問題のスプリングプレートが無いのは、なぜでしょうね? ちょっと考えがあるねん。

なんでアイドルスクリューが?  今更やけど、付けてなかったので。  あると便利やし。


20161113_195033

で、液体ガスケットと充電器。   

     【業務連絡】 ○○君、あれからまた買いに行ったねん。安くなった。ありがとう。



20161113_212940

充電器は持ってるんやけど、黄色いのが3A、黒いのが6Aくらいやったかなぁ。

とにかく充電時のアンペアが高く、バッテリーに良くないので、今回0.6Aの物を買った。

本格的に寒くなる前にクラッチ直してやるぅ!   あ~今月は、よ~けお金遣った。 寒い!


冬の準備はできた?
今年はグローブも買い替えたい
でも、今月は遣い過ぎやし
12月度予算にて。  ぽちっ

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

車検と ちょっと気になる事

朝晩寒くなったねぇ。

今日土曜日は、スポの車検です。

20161105_084429

じじぃのんは、ほぼノーマルなのでマフラーとシートを戻すだけ。

本当はユーザー車検したかったんやけど、ちょっと時間がなかった。



20161105_090402

先日、前側のマフラーは外したので、今回は外しやすい。

後ろ側は、難なく外れた。


で、シートを替えて  おわり。

20161105_092237

ん~ノーマル。  これはこれで、かっこいいなぁ。


久しぶりに、ノーマルマフラーのエンジンをかける。

これまた先日新調したバッテリーなので、力強く キュルン トコトコトコッ。

静か!  上品!  そうか普段は 下品なんかなぁ。


走り出して、ちょっと気になる音が・・・・。

それは、先日奈良まで走った時にも気になっていた音。

先日は、シフトアップする時にキュキュッと言うかクィクィッというような音。

その時は、ナビを着けてメットに付けたスピーカーで音声案内の設定をしていたので

なにかノイズが入ってるのかなぁ と、思ってた。


でも今日は、ナビ付けてないし。

信号待ちで、クラッチを握ってみると、しばらくしてクラッチ周辺から クィクィッ。

なんか 居るんか?  ネズミでも 鳴いてるのか? そんな音。


ブログ友達のコージ☆さんの883Rが最近、クラッチのスプリングプレートがバラバラになった。

2000年前後のスポには良くある持病だそうな。 その前兆かなぁ?  気になるなぁ。

しかも、今は車検に持って行く途中やし。 

推測やけど、クラッチレリーズベアリングっちゅうのが あれかも知れん。 


店に持って行って、車検の際予定していたオイル交換をキャンセルした。

車検から戻ったら、クラッチ側のプライマリーケース開けて確認してみよ。

ほんま、こいつは かまってちゃんやわ。  かわいいけどな。






20161105_103528

台車。 ちゃうわ、代車。 スズキGSX400 インパルス。

ポジションが  変!  フロントがやけにフラフラする。 16インチやし? タイヤの減り方?

ホイールベアリングか? ステムベアリングか? そこらへんの感じ。 でも僕のちゃうし。

エンジンは良く回る、普段低回転で走ってるので、せわしい。

サスも普通に良い。 ちょっと柔らか目。

何よりウインカーSWが左側に集中しているのが良い。

ただ、右折の時に無意識に右側のSWをつい触ってしまう! すっかりスポの癖がついてしまった。

1週間は、この子に乗る。  乗る事はないやろけど。


それにしても、あの音は・・・・ちょっとネットで調べてみる。



2年に1度の義務。
めんどくさいなぁ。
しかもこんな良い天気に。
車検から戻ったら
また、する事ができた。
見たでのポチッ! ヨロシク!

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • じじぃ幕張へ行く
  • じじぃ幕張へ行く
  • じじぃ幕張へ行く
  • じじぃ幕張へ行く
  • じじぃ幕張へ行く
  • じじぃ幕張へ行く
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ