ついに来たでぇ。  

20170417_185932

何でしょうねぇ?







20170417_190331

これでした!  







20170417_190355

Fフォークのスプリング。





以前からスポのFフォークには不満があった。 

ちょっと柔らかいねん。 1200Sはハーレーにしては、珍しく減衰力調整の出来る、カートリッジ式の

Fフォーク。 調整は出来るけど、基本柔らかいのでハードに設定すると、今度は動きが鈍くなる。

大陸をクルージングするハーレー全体に、そうゆう設定らしい。

っちゅうか、そんな事 あんまり気にしてないように思う。


僕なんか 峠でもそんなに攻めた走りはしないけど、この接地感のないFフォークは いやや。 

なので、日本のユーザーでフォークスプリングを、腰のある硬い物に交換している人は多いらしい。

多くのメーカーから強化スプリングが出ているが、1200S用が販売されているのは

  ・プログレッシブ
  ・ハイパー・プロ
  ・レーステック
  ・トラック・テック  など

ここで 「レーステック」 か、サンダンスの 「トラック・テック」 の二つに絞った。

どっちがええねん?  ネットで調べてみても、自分が付けた物を駄目と言う人もないので

比較にならへん。  

価格は、スプリング+オイルでどちらも、25,000円くらい。

双方とも宣伝コピーは、似たような内容。




バルブ

これは、レーステックのカートリッジ式用ゴールドバルブという物。 ダンパーロッド 式と形状が違う。

これをオイル(フルード)の通り道に装着し、シムを噛ませ通り道を調整する事で、

ダンパーの強弱の調整をすると言うもの。 知らんけど。 

1200Sにも付いているけど、もっとシンプル。


レーステックのスプリングは、F社ではこのゴールドバルブとオイルのセット(48,000円)でしか売ってない。

ゴールドバルブ装着するのが前提の物なんか?


逆にB社では、ゴールドバルブとセットではない。 スプリング+オイルで販売している。

という事で、一度に50,000円は辛いものがあるので、B社の「スプリング+オイル」に決定。


なぜトラック・テックにしなかったか、それは万一スプリングを交換しても満足出来なかった場合(ないと思うけど)

後でゴールドバルブを入れられるから。  その場合レーステックのスプリングの方が相性が良いと考えた。

たぶんスプリングが堅くなるだけで、充分やとは思ってるけど。  攻めへんし。 


実はこのB社に以前電話した事がある。

今回のようにスプリングを変えようと思ってね。  その時、Oさんが凄く親切に教えてくれた。

それも選択の理由。 その時は結局チャンスを逃してしまったので、今回になったという事。


いよいよメンテをやらなあかん。 内容が豊富なので時間かかるし、GWにしようか?

天気が良ければいいけど。  


GWの作業を少なくする為に

土曜日に、プライマリーチェーン調整・オイル交換・フィルター交換・ETC配線確認をやった。

全て完了。ETCの配線は、前回バッテリー載せた時に繋いでなかっただけ。

20170422_091914

今回は、サイドスタンドだけで・・・。

20170422_092151

今回フィルターは、黒にしてみた。 失敗。

なんか注意書きが日本語と英語で書いてあるんやけど、フィルターを締めこんだら

日本語が上に来る! しかも真っ白の文字で。 ここはシールにして欲しかった。



土日の2日間、用事があって200キロほど走ったけど、会長! ちゃうわ快調! 




以前、マジェのFフォークとキャリパーを
OHして、乗り心地が 凄く良くなった。
走るのが楽しかった。
今回も、それが目標。  
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村