前回は、エンジンオイルの交換・オイルフィルターの交換、そして最近、止まると点くオイルランプ問題の

解決にと、オイルプレッシャースイッチの交換。

とやったが、どうもスイッチへの配線が断線している模様。 これは、またこんロッド。



続いてミッションオイルの交換なり。

ハーレーのオイルは、エンジンオイル、ミッションオイル、プライマリーオイルとあり、スポーツスターは

エンジンオイルとミッションオイルの2箇所。プライマリーとミッションが同じ部屋に住んではるんで、ミッション

オイルだけでええねん。

17-6

サイドスタンド側の底、矢印がミッションオイルのドレンボルト。

こいつがソケットレンチ使おうと思ったら、下にあるサイドスタンドのストッパーのゴムが邪魔して   

あかんのです。

なので、スパナはちょっと怖いんでメガネ、先日買ったピカピカのクロームメッキのメガネで・・・・。

あら? なに? なんか緩んでる・・・・。  簡単に回りすぎやん。 前に締めた奴にイラッと。


ねずみ色した古いオイルが出た。 

普通ここでその写真が入るんやけど・・・・・・んなもん  撮ってへんわい!

代わりに鉄粉の着いたドレンボルト。

17-7

ボルトの先にマグネットがついている。

前回修理してもらった時に、シフターフォークが新品になった。

その為、鉄粉が多いんかなぁ。 きっとそう。

ボルトを綺麗に拭き拭き。

で、ダービーカバー(クラッチカバー)を開く。

17-8

わぁ~、ダービーカバーのOリング買うの忘れてたぁ!   大丈夫やろ・・・。

えらいバリ出てるな。  

新しいオイルはここから入れる。 あるいはシフトレバー上のインスペクションカバーを外してそこから。

じじぃは、あちこち外すと色んなリスクがあるし、ここから入れる。

と、携帯が鳴る。  友達だった。 この友達は今仕事がからんでいるので、素直に出る。

「はいはい、うん、ん、そうやで、ん、わかった、ありがとう、ではでは」



さ、この隙間からオイルを入れてっと。 見てわかるように、非常に入れにくい所なので

じ~と見ながらオイルを入れていると・・・・・視界の奥の方に  なんか  金色の 一筋が

え! なに、なに?  げぇ!ドレンドレン!  そう、ドレンボルトがついてない!

あわてて、手ベタベタにしながら  締める締める ほんで締めるぅ~ 締まった。

あほや。  あほ  あほ  なんちゅう初歩的なミスを。  あきれるわ。

残りのオイルを全部入れてみる。  規定量よりちょっと少ない。

ま、入れすぎよりましやろ。  んなわけない。  またオイル買って入れるやん。

念のため? ちょっと乗ってみた。  シフトが気持ち固い。 やっぱり。

はぁ~、さわる度に宿題でるなぁ。   ま、ぼちぼち やろぅ。

ただ、こんな寒い時期で良かった、ベストシーズンやったら、走りたいしな。



まだまだあるねんでぇ、 こんどはえらい物買ってもた! どうすんねん!これ!

                       つづきは  そのうち。

寒いのに、よう来たなぁ
ちょっとあったまりぃ
ほんで、ぽちっと
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村