先日バイクいじりした。

今回のメニューは

 ①ブローバイガスを還元から大気放出に

 ②ライトクラッチの装着



まずは、せっかくブローバイガスを還元しているのに

何故また大気放出するのか?

それはプッシュロッド付け根あたりからのオイル漏れの

原因の一つに、ヘッドからのガス排出ホースの太さが細いから

内圧が抜けきってないのでは?と。 知らんけど。


20190323_140703

今は、こんな感じ。

この還元キットでは、ホース径がこれしか合わない。

ヘッド側のホース取り出しボルト穴は、かなり小さい。


20180714_081933

以前のフィルター仕様に戻した。

バックプレートとフィルター装着の後やけど。

ホースが微妙に太くなってるやろ? 内径9㎜、これが標準。

ゆくゆくは、ガス還元の方法も考えている。



20171230_145932

とりあえず、今回はここまで。

エンジンをかけるとフィルターから シュコシュコと呼吸音。

  



じじぃも若いとは言え、65歳です。

市街地走行が辛い! クラッチぃ~!



次はライトクラッチの装着。

去年クラッチのスプリングプレートを撤去。

その分、フリクションプレート、スチールプレートを1セット追加してる。

そのせいで重くなったとは感じなかった。 元々重いしね。


実は去年の3月、某中古カーショップサイトで

これが 3,000円程であったので買って着けた。

20180318_160647

藤田商会のMRCクラッチ。 この時、キジマじゃない のが気に入った。



装着した日は、あまり時間がなくて新旧の見比べ等もしなかった。

「軽くなったんか? 気のせいか? 大して変わらんなぁ。」

そう思いながら、ず~っと1年間乗ってた。



が、しかし! 先日クラッチワイヤー給油の為

クラッチランプを外したついでに新旧の見比べをしたら

20190324_204350右:純正

多少掘りの形状は違うものの、深さやボール径など基本的部分は

同じとちゃうん? ってこれ純正でしょ。

純正でも、この程度のリニューアルなら有ると思う。

やられた!  まぁ誰かが交換して、外した純正をパッケージにしまって

時が経ち、売ってしまった。 そんな事やろ。 

買った者の身になってみぃ~! ぼけ!


で、今回

20190321_105502

キジマライトクラッチの「新品」を買ったった。

定価よりチョット安かったけどな。

でも最初のと合わせたら・・・最初から定価で本物買っとけや!

「安物買いのなんたら・・・」を実感した。


クラッチの重さの対策方としては他に

①VPクラッチ・・・・効果はかなりらしい、多少加工が必要な場合も。

②06年以降のダイヤフラムスプリングに入れ替え。 

とあるけど、手っ取り早く これに。

駄目な時は、戻すのも楽やしね。


20190323_134045
上:キジマ

今回は新旧見比べもしっかりやった。

掘りが多少長く、滑らかに。 

ボールも純正の9.5㎜→10㎜に。

ボールが大きくなる事で、てこの原理も働くんやろな。

掘りの傾斜がなだらかで長くなる事と

ボールの外周が大きくなる事で抵抗を減らし

半クラッチ状態ゾーンを増やしてるんかなぁ。

どうでもええけど。


取り付けは、純正の時と同じように

アジャストスクリューを、ランプのカタカタがなくなるまで締め

そこから 1/2戻す(個体によって違うと思う)

作業時間は、30分もかからへん。

20190324_092558

装着後、あちこち走った。農道や細い峠道。

夕方の渋滞国道など。

確かにレビューにあるように、

半クラッチゾーンが増えてる気がする。

ニュートラルに入れずらい時もあったけど

ワイヤー調整でなんとかなる。

ワイヤーを張ったり緩めたりしながら

良い所を探して走った。

感触は、軽くなると言うより、柔らかくなった

と言うのが合う。でもかなり楽になった!

30%減は、嘘やない。 (サイショカラ 本物買っとけ)



ワイヤー調整のポイントのひとつは

充分に暖気した状態で(微妙に変わる)

アイドリング状態でローに入れ

クラッチを握ったまま(足で)バックする

その時に重たい様なら クラッチが切れきってない

ワイヤーを引っ張る

ただ引っ張り過ぎると、駆動時に滑るかも。

滑りの確認は、フル加速!

後は、ニュートラルに入れ易いかどうかの確認。

ノーマルに比べると、多少入りにくいかも。




ライトクラッチは調整が難しいと良く聞くけど

確かに面倒ではあるし、感触もノーマルと同じと言うわけではない。

でも理解すれば出来る。 

ワイヤー調整だけやしな。

快適に乗る為なら、これくらいは。


これで市街地走行も だいぶ楽になる。



機械物は
ある程度
使い手が合わせる
必要もある
それもオペレーションやから。
でも苦痛は、あかんわ。
  
  にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村