スポスタじじぃのブログ

趣味のバイク(スポーツスター)とバス釣りや日々の事など・・・・

バイク話

雨かいな。

日曜日の午後から、雨が降りだした。

これは天気予報で知ってたので、予想通り。


この週末から、2017MotoGPが開幕! そのカタール、ロサイルインターナショナルサーキットも

雨が降ったらしく、土曜日の予選は全てキャンセルとなった。

普段は雨の少ない土地なので、サーキットの排水設備が整備されてないらしい。

2009年にも雨で、決勝レースが月曜に順延された過去があるにもかかわらず や。 ありえへん。

instagram 1476765146420276006_303323894_middle

今シーズンの見所は、多い。 

新たにKTMが参戦する事で6メーカーの戦いとなる。

それに、今年はワークス契約ライダーの移籍が多かった。


big

SUZUKI から YAMAHA に移籍した、マーベリック・ヴニャーレスが

絶好調のようで、フリー走行中もトップ。

今回、公式予選がなくなった事で、フリー走行のタイム順でポールポジションを獲得。


big

HONDA のマルケスは、SUZUKI に移籍したイアンノーネの次の3番グリッド。


big

Moto2からステップアップのルーキー、ザルコがモンスターYAMAHA (昨年のワークスマシン)で4番手。

これは凄いなぁ!  二人目のヴニャーレスとなるのか?

big

そして、9年間在籍したYAMAHA からDUCATIに移籍した、ホルヘ・ロレンソは12番グリッド。

big

オフシーズンのテスト走行では、バイクの特性の違いに苦労したようで、この状況ではチャンピオン争いに

参加できないと言われている。

乗り慣れたYAMAHA から移籍するには、かなりの決断があったんやろなぁ。

チームメイトとの関係も少なからず、あったんやろなぁ。

gallery_thumbnail

でも、僕はMotoGPライダーの中で、この人が一番好きだ。

人物的には、オタクっぽく、ちょっと変な奴みたいけど・・・・。

がんばれ、ホルヘ! 君なら出来る!

シーズン中盤には、トップ集団でバトルしているホルヘが見れる事を期待していますよ。


で、今夜の決勝は、あるのかなぁ。



バイクは、観るのも楽しい。
良く言う事やけど
乗る、イジル、見る、喋る
ぜ~んぶ楽しい。
スポにして良かった。 
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

熱い鈴鹿の想い出-2

1978年7月30日(日) 快晴

'78 8h015

まずは、海外選手の紹介。   こんな近くで写真撮れたんや!  Pressやしね。



'78 8h025

左から レニー・コー、マイク・ボールドウィン、ウエス・クーリー、トニー・ハットンかな? 

WILLIAMSは、チャーリー・ウイリアムズ。


'78 8h024

そして、POPこと 吉村秀雄氏も紹介!


'78 8h027

この日は、夏らしい暑い 良い天気だった。 ベルボトムが70年代やわ。



SG




'78 8h022

ル・マン式スタートやけど、待ち時間がとても長かった。   逆立ちしてるし・・・。






'78 8h016

いよいよスタート・・・。  これだけ人が居るのに、この瞬間だけ   不気味な静けさ。

一番手前は、TZ750の杉本五十洋/デビット・エムデ組。 

杉本さんは、京都の人で、確か当時幼稚園の園長さんだったと思う。

この時代、京都在住のレーサーは結構居られた。 僕が世話になった大将も、その一人だった。



'78 8h018

'78 8h026

⑦デヴィッド・エムデ ②ウエス・クーリー ・・・・・・。



'78 8h028

8時間先のゴールを目指して・・・・。  弾ける様な2ストの音や、4スト集合管の音が混ざって・・・・。

長丁場やしか、後姿がのんびりして見えるのは、気のせいかな?

我ながら、なかなか良いポジションで撮影してたんやなぁ。


'78 8h033
'78 8h032



レースの内容等は様々なサイトで紹介されているので、そちらを見てちょうだい。

レース結果は、序盤から②ウエス・クーリー/マイク・ボールドウィン組が、ほとんどの組を周回遅れにしたが、

ピット作業トラブルで、⑦杉本五十洋/デヴィッド・エムデ組に抜かれるも抜き返し、優勝となった。

後で知った事だが、②のピットトラブルは、タイヤ交換時にFフォークアウターチューブ下のスタッドボルトを

1本なめてしまったらしい。ボルト1本と応急処置で残り時間を走り、⑦を抜き逆転優勝した。

RCBは1台は1周目で転倒リタイア、残る1台も途中リタイア。



RE
という結果だった。 

当時24歳だった じじぃにとっては 強烈な印象に残っている 熱い鈴鹿の2日間だった。



さて今年の鈴鹿8耐は
どうなるのか?
TVで中継なんて、ないやろなぁ
行けばいいんやけど・・・・。
体力が・・・    ぽちっ!
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

熱い鈴鹿の想い出-1

梅雨も明け、いよいよ本格的な夏!

今年も鈴鹿8耐の季節がやって来た。

鈴鹿8耐は、昔よく行ってたなぁ。  今回はそんな 昔話やで。


その頃はバイクのレースの写真を撮るのが好きで、鈴鹿には良く通っていた。

当時遊びに行っていたバイク屋の大将が、8耐にモリワキから出るとの事で、パドックパスを貰った。

ほんま大将には、良くしてもらった。 


それは、1978年。 38年前の事。  そう伝説の第1回鈴鹿インターナショナル8時間耐久レース。

世界選手権となるのは、翌年の1979年から。  1977年には6耐があった。


土曜日の公式予選からカメラ2台と大量のフイルムを愛車ジムニー(2スト・幌)に積んで

鈴鹿峠を越え向かった。 (新名神なんかあるかいな、1号線!)

'78 8h030

綺麗にカスタムされた、マッハⅢ。 時代を感じる。 駐輪場のバイクを見るのも楽しみのひとつ。


パドックで、どうやったのか覚えてないけど、Pressの腕章を手に入れた。(たぶん大将が貰ってくれた)

すごいね!予選開始前にPressの人は、マイクロバスでコースを回って好きな場所で降ろしてくれる。

なので、僕はヘアピンで降ろしてもらった。  (当時の写真はどこへやら・・・)

まわりはプロのカメラマンばかりで(当たり前やけど)機材が格段に  良い!

僕なんか、壊れかけのPentaxSVとSR。 250㎜のレンズくらい。

ただこのブログの写真は、全てオリジナル。  へたやけど。

'78 8h029

パドックの作業風景にも緊張が伝わってくる。




'78 8h021

この人、知ってる?  そう清原明彦さん。 この時はカワサキKR350で和田正宏さんとのコンビで、

予選5番手。


まだこの時代の8耐は、レギュレーションもおおらかで、

出走マシンは、出たばかりの6気筒CBXなど市販車ベースからTZなどのレーサーまで多彩で、

それぞれに耐久仕様に工夫されたマシンだった。

'78 8h019

これは、ヤマハSRの原型になったとも言われる、SIMA498-ⅠⅩ改。

前年の6耐には、XT500ベースで出場。 その後SRが発売されて、この年の8耐に。

ライダーはあの山田 純さんと石井康夫さんで、予選43台中25番! これはすごい!



'78 8h020

これは耐久世界選手権に参戦しているRSCのRCB997。   この頃はまだRSC、後に現在のHRCになる。

ライダーは、クリスチャン・レオン/ジャン・クロード・シュマラン組。 予選4番手。

リアサスを逆にしてみる? って場面か?  ホイールはコムスターみたいな?  なつかし!

このRCBは前年の世界選手権を全勝している無敵艦隊。  

この鈴鹿8耐も世界選手権ではないものの、当然 勝ちに来ている。 しかも当時RSCの地元やし。


そのワークスとも言えるRCBに挑戦状を叩きつけたのが、今回の主役となったPOP吉村! (POP=おやじ)

これにはPOPのここに至るまでの深~い思いがあって、どうしても今回は勝つ!との決意があったらしい。

この件は、当時僕は知らなかった。  後にNHKプロジェクトXにて放送されて知った。

TVは確かに脚色はされているとはいえ、POPの執念があった事は確かだと思う。

マシンはスズキGS1000。

ライダーは、ウエス・クーリー/マイク・ボールドウィン組。

'78 8h023

この時(予選)は、バラしたクラッチを前にPOPが思案中。

後ろの裸族は、ウエス・クーリー。


'78 8h034


こんな感じで予選が終った。 

僕が宿泊した宿(ホテルじゃない)は、なんと偶然 ヨシムラ御一行様と一緒だった。

予選の夜には、サーキットホテルで試合前日のライダースミーティングがあった。

当然僕も参加した。  だってPressやし。

会場では、海外から参戦のメンバー紹介や、大会ルールの確認、CBIEのステッカーを貼って入賞

すると、賞金が なんて話も。


いよいよ明日が決勝、ビールを飲んでも なかなか寝付けなかったのを覚えている。



今回はえらい古い話題で
すんまへん。
これはどこかで残したかった
僕の青春の想い出。
みたよのぽち!よろしく!
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

バイク談義を肴に

先週、バイク友達から宅飲みのお誘い。  (っちゅうか飲みたいなぁと思ってたところ)

20時頃にお邪魔して、ビールで始まり 美味しい焼酎へ。

ジェームズ・ボンドのお酒まで・・・・・。 これが結構美味しくて、キツイ。


お互い今まで乗って来たバイクの話や当時の想い出など。

自分の生い立ち、仕事の事や  程よく酔いがまわると

英国のEU離脱に始まり、政治・経済の話まで

幅広い内容で、かなり盛り上がった。

20160624_233447-2

こんな感じで・・・  写真を撮り忘れて  食べ散らかしてのショットなので 加工した。

アテは全て手作り!  子鮎の飴炊きも友達の力作!  美味しかったぁ!




20160624_233457-2

話のネタにと 持って行った’72のモーターサイクリスト。

ページをめくる毎に  このバイクはどうのこうの・・・・と また盛り上がる。


真空管のオーディオから流れるJAZZをBGMに   話は尽きない。


友達は、翌朝8:00に出掛けるとの事だったが

気が付けば、なんと外が明るいやん!  6:30!

寝なあかん! 酔い醒まさな  ちょっとだけ   ちょっとだけ・・・・   起きたら  9:00!


幸いな事に、友達の予定は大雨警報が出た為、中止となっていた。

しかし、まぁ~久しぶりに飲み明かした。  本人達は2~3時間喋ってたつもりやと思う。 10時間!

バイクの話したら朝までや  とはホンマやった。

またやろうね!



今年は梅雨らしい梅雨。
子供の頃から、梅雨明けの
あの開放感が好きや!
もうちょっと、1ヶ月足らず
の辛抱。 
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村

古い雑誌

車のタイヤをスタッドレスに履き替え、夏タイヤを倉庫(レンタル)に入れた。 ついでに・・・

たしか、この辺に・・・・・・あった、あった。

20151222_213940

1972.5 のモーターサイクリスト。   43年前や!でもこの本買ったんは覚えてる。

当時5月号は、その年に販売されている国産車アルバムのようなもの。

20151222_214050

なつかしい!

20151222_214121

CB450(左端、二段目)があるやん! これね、高校時代に友達が乗ってた。

たしか国産バイクで初のDOHCやったと思う。

この頃は、デザインの流れが変わる時やったね。CB450の右がCL450、その右はCB450エクスポート。

ディスクブレーキやわ。

そしてこの時代、高速道路に入れるように、135とか、175ccという中途半端な排気量が増えた。

20151222_214203

K1やね、385,000円だって!価格据え置きやったんか。  お碗ヘルがかっこええ~!

20151222_214238

当時、本の中身は80%くらいがモノクロでザラ半紙のような紙。文字も活版。(僕、写植してた事があるねん)

それぞれのバイクの特徴的なメカを解説している。 これ読むの結構楽しみやった。

もう一冊。

20151222_214614

これは、1970.12 CB750(K0)が国内発売されて、一年ちょっと。

表紙は、インディアンエース1300とヘラクレス2000(ロータリー300cc)。 実は、この本友達のやった!

20151222_214651

表紙をめくると、今ではありえへんKwasaki の広告。 W1 と MachⅢ。

この時、W1はまだこのモデルやったんか。

20151222_214732

W1SAの参考出品モデル。この代でやっと右ブレーキ、左シフトのオプションが用意されたんか。

XSもXS1からXS650へ、マイナーチェンジする時やった。

 ま、この本をリアルで見てたじじぃ少年は

後にこのXS650に乗るとは、夢にも思ってなかったやろなぁ。

20151222_214748

モーターショーの雰囲気は、イラストで紹介。  今なら苦情が出そうやけど、このイラストは

摺本好作(スリモト コウサク)氏のイラストで、じじぃの好きなイラストレーター。

氏は今もバイクに乗ってるそうなで。

僕もね、一時はもう忘れてしまおうと思っていたバイクに、縁あって戻って来れて

ほんと、  良かった。

まだまだ、乗って、触って、語って、眺めて  いやぁ、バイクって ほんと いいですねぇ。



今日も最後までお付き合い、ありがと。

励みにぽちっ、行っとこかじじぃ嬉しくて


にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村
プロフィール

じじぃ

ギャラリー
  • ようやく
  • ようやく
  • ようやく
  • ようやく
  • ようやく
  • ようやく
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ