「XS650」は10年くらい乗っただろうか、その間「ミニトレ」「DAX」前出の「AX125」など小排気量のセカンドバイクが入れ替わった。その中でホンダの2スト50ccの「ロードパル」これは発売と同時にクラブの3人が新車で買った。
PAL-1
当時ソフィア・ローレンのCMだったと思う。
これがなかなか面白く、普段650ccという自分では振りまわす事のできないバイクに乗っていたので、今から思えばそのストレスをロードパルで発散していたのではないかと思う。山に良く走りに行き、浅い川の中を登って行ったり、ジャンプしたり、自分達でオフロードコースを作りタイムを競ったり。
2台目のロードパルはオイルポンプを外し、植物性のレーシングオイルを混合で、ピストンの頭を削り回転が上がるようにしたり、手ごろなおもちゃだった。

「XS650」を手放したのは、クラブの一人が事故で全損してしまい、多分僕よりも「XS」に惚れ込んでいたからか
その友人に「XS」を譲った。実は、その後とても悲しかった。

それからしばらくして、「CB250RS」というホンダの4スト単気筒250が出たので、新車で買った。
CB250RS
オプションのカウル(当時はメーターバイザーだったかも)も着けていた。これは片山敬済がイメージキャラクター
だった。ヒラリヒラリとコーナーを泳ぐバイクのイメージだった。朝早くから嵐山・高尾パークウエイを行ったり来たりしたなぁ。
でもやっぱり、何か物足りない。そしてこの頃から業界はレーサーレプリカの全盛期。
次に選んだのはYAMAHA「RZR250」。
RZR250
これは、よ~う走った。ブレーキも今まで乗ってきたバイクとは次元の違うききかただった。
よう走るし、よう止まるし、カッコええバイクなんやけど・・・な~んか、いつも人のバイクに乗っているような、そんな存在だったかも知れない。
ある晴天の朝、通勤で国道9号線に出てカィーンと行ったら後ろでヒュ~~。
白バイだった。すかさず「おかしいなぁ、いつもとおんなじように走ってるのに」「それがあかんやろ!」なかなか突っ込み上手な隊員。これで一発免停。
このバイクを機嫌よく走らせるには、免許が沢山要りそう、そう思い乗り換える気になった。
にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村