友達から「世界最速のインディアン」DVDをもらった。

インディアン-1

このブログを見てくれている、多くの人は見ているかも知れないが、
実は僕、光テレビでやっていたのを見つけ、あわててチャンネルを合わすも・・・・最後の5分間くらいだった。

いやぁ~この映画はみたかったなぁ~と思ってたところ、先日ツーリング行こうって言ってた親友がくれた。
といってもコ◎ーしたDVDやけど。

まだ見ていない人のために、詳細は言わんけど・・・・・・良かったでぇ~!
メカの話は、ほとんどないけどね。
ヒューマンドラマという感じか。

ニュージーランドに住む63歳のバート・マンローの夢は自分でチューニングしたインディアン・スカウトでアメリカ・ユタ州ボンネビル(よく解説にはボンヌビルと書いている)で速度世界記録に挑戦する事だった。

インディアン-2

最初のうちは、なんとだらしない、ええかげんなじじぃや!と思った。
しかし、やりおるねん!がんばりよるねん!もう最後の方は、うるうるきそうやった。
インディアン-3


これは実話にもとづき、脚色されたものらしいが、映画のストーリーの後にも950ccにボアアップした空冷V型2気筒で295km/h。
この1000cc以下の記録は、いまだに破られていないそうな。
非公式では、330km/h も出していたらしい。

映画では、様々な人の協力を得て本当は不可能だったボンネビルの大会に出場出来るようになり、結果・・・。

様々な人が協力してくれるのは、この人の執念と、なによりバート・マンローの人柄なんだろうなぁと思った。

ただ映画としては、ちょっと話のテンポが早いような気がした。




インディアン-5

これがバート・マンロー本人。
いやぁ~好きそうな顔してはるわ。 わかる、わかる。

この映画でのバート・マンローは63歳、僕より一つ上。

なかなか魅力的な映画やった。
こんな、じじぃになりたい。


いつも見ていただいて、ありがとう!
はじめての人!また見てちょうだい!
↓ポチしてもらえたら、テンション↑↑です!


にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ
にほんブログ村